絵本選びは苦しくも楽しい

去年の年末以降、娘に毎月何冊か絵本を買ってあげている。
娘の成長具合に合った本を探しながら「あの本がいいかも」
「これもいいなぁ」とあれこれ悩んでいるとあっという間に時間が過ぎてしまう。
娘が寝るまでの間、ずっと娘の相手をしていているのに、
娘が寝た後もずっと娘のことで時間が潰れている。
正直、ストレスもある。

でも、買った本を読んだとき、娘の反応がいいとすごく嬉しい。
昨日与えた本は、娘が大喜びで何度も何度も何度も「読んで」とせがんでくれた。
(2日間で60回ぐらいは読んだと思う…)

毎日へとへとだけど娘の笑顔を見ていると頑張りたくなる。
今度はどんな本を買ってあげようかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック